覇者の系譜(2)

歴史群像新書

伊藤浩士

2007年4月30日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

織田信長、浅井長政の連合軍は浅井家と友好関係にあった越前の朝倉義景を攻め、圧倒的強さで滅ぼした。信長の政略から越前一国を与えられた長政だが、頻発する一向一揆に悩まされる。一方、信長も畿内での石山本願寺勢に手を焼き、家康は迫り来る武田信玄の影に汲々としていた。ここに至って、長政は情勢を一気に好転させるため、連合軍で敵を各個撃破する三者同盟を信長に提案。それを諾とした信長は、すぐさま二万四千の連合軍を集結させ、京から摂津へと急襲し石山を包囲。取って返して越前の一揆勢を討つべく、加賀へ侵入。長政の調略もあり一揆を平定した連合軍は、当代最強の武田軍団にその鉾先を向けた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください