反風林火山(2)

歴史群像新書

神宮寺元

2007年4月30日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

川中島の最終決戦で上杉軍を打ち破った武田信玄は、軍令に背いたという理由で軍師の山本勘助を蟄居させ、勝頼を後継者に据えるために義信を亡き者にしようと企てる。だが、その謀略は山本勘助に見破られ、信玄は逆に追放されて、上杉謙信により預かりの身となった。武田の頭領となった義信は軍師山本勘助の才を得て、北条軍を打ち破るべく岩殿城で死闘を繰り広げる。一方、織田信長の脅威を感じた勘助は、徳川家康と同盟を結ぼうとするが、その活躍を快く思わない重臣達によって思わぬ罠を仕掛けられる。さらに、追放された信玄、京に潜む祖父信虎の策謀も同時に蠢き始めた。そして、ついに織田信長は最強の鉄砲軍団を組織し、武田軍を粉砕すべく信濃に進軍する。戦の天才信長と軍師山本勘助の対決は如何に。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください