異上杉軍記(2)

歴史群像新書

工藤章興

2007年4月30日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「信長は天下人の座を盗み取ろうとしている。このままでは、公方様(義昭)は信長の傀儡となり、幕府は滅亡するおそれがある。いま再上洛することこそが大義にかなう」-義昭の使者・明智光秀の渾身の説得に突き動かされ、信長の動きを封じるため、急遽、再上洛の軍勢を催した輝虎(謙信)。春日山城から長駆越前に入ると、朝倉義景、浅井長政、そして信長に上洛軍への同陣を求める使者を走らせた。義景は拒絶したものの、意外にも信長は依頼を快諾し、信長の同盟者浅井長政も了承する。だが、その裏には、将軍・義昭誕生の最大の功労者と自負する信長が仕掛けた罠が…。上杉対織田・浅井の合戦の火蓋が切られる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください