神将大坂の陣

歴史群像新書

宇佐美浩然

2008年11月30日

学研プラス

1,047円(税込)

小説・エッセイ / 新書

慶長十九(一六一四)年暮れ。豊臣氏は、二十万を超える徳川軍の圧倒的な包囲、攻勢を受け、やむなく和睦を結んだ。しかし、徳川軍の総帥・家康は、天下への野望を隠さず、新たな大戦の予感に大坂の地は震撼する。一方、豊臣方は、大坂城防衛のため、麾下の武将の中から五常の徳ー仁、義、礼、智、信に秀でた武将に、中央と四方の城兵の指揮を執らせる。それが、木村重成、塙団右衛門、真田幸村、速水守久、大野治長の五人だった。そして翌二十年五月、ついに戦機は満ち、最後の決戦の火蓋が切って落とされたとき、五将は、それぞれ獅子奮迅の戦いぶりを見せる。だが、戦力の差はいかんともしがたく、一人、二人と斃れ、大坂城は落城寸前に。と、そのとき、亡き太閤秀吉が遺した秘策中の秘策が発動するのだった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください