戦国の勇者(scene 8)

歴史群像新書

津野田幸作

2008年10月31日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

真田昌幸、羽柴秀吉の勢力拡大に焦りを感じた徳川家康は、筒井順慶が守る郡山を攻めるべく、大和に侵攻する。だが、その時、既に順慶は羽柴秀吉に臣下の礼を取り、援軍を求めていたのだ。首尾良く郡山城を取り囲んだ徳川軍であったが、その後、すぐに羽柴軍に遠巻きにされ、最大の窮地に陥ってしまう。一方、秀吉は真田昌幸のもとに大谷吉継を使者として送り、家康が清洲城を留守にしている間に、急襲するよう誘ってくる。その裏に隠された秀吉の陰謀を読んだ昌幸は、幸村と兵を二分して、長浜城を出陣した。昌幸率いる本軍は岐阜城へ、そして幸村率いるもう一軍は、伊賀を手中に収めるべく上野城に向かう。真田、徳川、羽柴三強の戦いは、果たして誰に軍配が上がるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください