幸村大戦記(3)

歴史群像新書

神宮寺元

2008年12月31日

学研プラス

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

真田幸村や立花宗茂の活躍により、関ヶ原の戦は西軍有利となり、膠着状態に陥った。一方、東北の擾乱を知った幸村は上田に戻る決意をするが、それは徳川家康が仕掛けた恐るべき罠だった。その策謀から逃れ出た幸村は上田城に戻り、父昌幸と共に真田軍の強化を図る。その後、上杉と同盟を結んだ真田家のもとに、前田慶次郎や塙団右衛門、岡左内などの豪傑や強者達が、続々と集まってきた。そして、新真田軍団を設立した幸村は、圧倒的な火力と人材を武器に、小諸城や海津城を瞬く間に打ち破る。さらに真田、上杉、佐竹は三連合同盟を結び、関ヶ原から戻ってきた徳川軍に包囲網を仕掛けた。やがて真田幸村は江戸城に徳川家康を追い詰め、乾坤一擲の最終決戦を挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください