相克真田戦記(2)

歴史群像新書

久住隈苅

2008年12月31日

学研プラス

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

慶長十年。一気に豊臣家そして十数万の浪人衆を滅ぼすべく動き出した徳川軍。しかし家康が起居していた伏見城が、豊臣の草の者によって炎上。家康は命を落とす。家康の死により混乱する徳川軍を、真田幸村率いる豊臣軍は天王寺や鴫野での戦いで破り、有利に戦局を進めていた。しかし、戦を極度に怖れる淀殿は独断で徳川方と和議を結び、大坂城の堀の埋め立てと、宇喜多秀家、長宗我部盛親、吉川広家ら浪人衆の放出を決めてしまう。ここにいたり、幸村は浪人衆の名を遺すため、大坂城外での最後の決戦を挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください