新上杉戦記(3)

歴史群像新書

中村朋臣

2009年2月28日

学研プラス

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

武州分倍河原で、天下簒奪を目論む徳川家康を葬り去った上杉景勝は、江戸を落とすべく兵を進めていた。江戸には後継者の秀忠以下、榊原康政、本多忠勝らが残存し、福島正則、黒田長政ら武断派大名が雪辱を晴らす機会をうかがっている。北陸の前田利長、九州の黒田如水の動きも侮れない。しかし、上杉勢に、それと手を組む石田三成ら西国の武将たちを併せた勢力と変わりない兵力を持ちながら、徳川勢には諸侯を束ねる総帥がいなかった。そこで太閤秀吉が密かに畏れたという策師・黒田如水に白羽の矢が立てられた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください