戦国雄覇(2)

歴史群像新書

吉本健二

2009年3月31日

学研プラス

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

織田信忠が復活し、羽柴秀吉を賎ヶ岳で打ち破った。徳川家康は織田家から甲斐・信濃の返還を求められるのを恐れ、秀吉と同盟を結び、尾張に侵攻した。騎虎の勢いで家康を降す信忠であるが、秀吉の思わぬ行動に愕然とする。なんと、信忠の嫡子・三法師を元服させ、織田家の宗主とすることを朝廷に働きかけ、信忠を引きずり下ろそうと画策したのだ。激怒して近江に攻め込む信忠。しかし、秀吉の狡猾な根回しは信忠の予想を超え、家康との挟撃を受けたばかりか、上杉・北条らからも包囲される。はたして、真の戦国覇王になるべく、信忠は窮地を脱することができるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください