超日中大戦

空母戦闘群激突

歴史群像新書

田中光二

2009年4月30日

学研プラス

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

2018年10月、中国は空母戦闘群をもった。4隻の空母をはじめ740隻の艦隊、陸軍総兵力170万で台湾併合に踏み切ると、電磁パルスでコンピュータを無力化するEMP爆弾で米第7艦隊を封じ、原子力空母を撃沈させる。もちろん中国の最終目的は日本攻略である。日米同盟を反古にされた日本は、与那国、石垣、宮古島を占領されるにいたり、遂に初のROE(交戦規則)を発動。DDH(ヘリ空母)、DDG(ミサイル護衛艦)、F-15戦闘機を出撃させるが…!?米・中の覇権大国に挟まれた日本の選択。陸・海自総力兵器で挑む、震撼のアジア大戦。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください