織田戦国志(1)

歴史群像新書

尾山晴紀

2009年5月31日

学研プラス

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

天正十年。明智光秀の謀反により、織田信長が本能寺で斃れた。長子・信忠も二条御所で自害。さらに岐阜城にいた信忠の息子・三法師も明智軍に殺される。この報せを聞いた羽柴秀吉は、自らの手で光秀を倒し、さらに信長の次男・信雄をかつぎ出し織田家を乗っ取り、天下をわがものにしようと画策する。誰もが秀吉になびくなか、信長の三男・信孝は「危難のときは信澄を頼れ」との信長の言葉に従い、津田信澄とともに織田の天下を秀吉の手に渡さぬ為に立ち上がる。尾張・美濃に領土を得た信孝は、秀吉に拮抗する力を得るため、義父である柴田勝家や滝川一益らと連携をはかる。事態を重く見た秀吉は信孝を謀反人として討伐することを決意する。信孝対秀吉。ついに織田家を、そして天下を二分する戦いが始まった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください