戦国の荒鷲(2)

島左近戦記

歴史群像新書

神宮寺元

2009年10月31日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

巨星豊臣秀吉が落ち、平和だった世に不穏な戦雲が棚引き始めた。島左近は、大和国郡山城の大名に出世し、石田三成と共に、秀頼を後継者として、豊臣家の天下を不動のものにしようとする。だが、その前に、謀将徳川家康が立ちはだかった。家康は反石田派の豊臣恩顧の大名を抱き込み、恐るべき策略を仕掛けて、天下を手中に収めようとする。佐和山城に追いやられ、奉行職を失った三成は失意のどん底に落ちるが、そこに左近が現れる。二人は家康打倒を誓い合い、己の命を賭けて、新たな戦を仕掛けることになった。そこに直江兼続、大谷吉継が加わり、ついに東西両軍は、浜松で天下分け目の大戦に突入する。果たして島左近は、家康の野望を打ち砕くことができるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください