幸村大軍略記(1)

歴史群像新書

百目鬼涼一郎

2009年11月30日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

天正13年秋ー。信州上田の雄・真田家は、存亡の岐路に立っていた。当主の真田昌幸が、徳川家康によって謀殺されてしまったのだ。この危機に真田の嫡男・信幸は、あろうことか本領安堵を約束する徳川、北条陣営に降ることを選択する。しかし、この決断に異を唱える者がいた。信幸の実弟で越後の名門上杉家中で、早くも「名将」の片鱗を見せはじめていた信繁である。信繁は、理不尽にも父を殺し、天下への野望を隠さぬ家康へ復讐を果たすべく、「幸村」と名をかえ、単身真田家を出奔するのだった…。敵は家康、いざ覚悟。武田の「誇り」と上杉の「義」を受け継ぐ若き天才・真田幸村驚異の軍略をもってここに見参。本格戦国シミュレーション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください