超空自衛隊(第二次真珠湾奇襲)

歴史群像新書

富永浩史

2009年12月31日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

インド洋ベンガル湾作戦では、チャンドラ・ボースをインドに上陸させ、目的を達成したものの、牟田口中将が独断で進出させた前線部隊が窮地に陥り、神谷ら自衛隊はその救出に向かった。途上、自衛隊は自身の存在を揺るがす、予想外のものに遭遇する。ベンガル湾作戦を終え、帝都に帰還する自衛隊。その帝都を、アメリカ軍の爆撃機が襲った。果たして、爆撃機はどこから来たのか?ある可能性に思い当たった日本軍は、日米海上決戦に臨むべく、太平洋の島嶼を要塞化し、アメリカ軍を中部太平洋に誘き出す計画を立てる。だが、事態は神谷らの思惑を超えた、予想外の展開を迎える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください