幸村大軍略記(3)

歴史群像新書

百目鬼涼一郎

2010年9月30日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 新書

天正17年、関白秀吉に嫡子が誕生した。そのため、この年に予定されていた徳川軍への総攻撃「東海征伐」は延期となる。窮地に追い込まれていた徳川家康は、この「時」を利用し態勢を立て直し、東の前田・上杉、さらに関東と、大坂の豊臣方を東西に分断する秘策を発動させる。その秘策「北条一揆」の攻勢で危機に陥れられたのは、誰あろう真田幸村の本拠、上田城と最愛の妻、榧だった。幸村はすぐに大坂を進発、徳川、北条一揆軍の包囲網を突破し、上田城へ急ぐのだったが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください