明智軍戦記(2)

歴史群像新書

神宮寺元

2010年10月31日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

織田信長を本能寺で倒した明智光秀は、中国から大返しを行った羽柴秀吉と、山崎の天王山で激突した。羽柴軍の猛攻によって光秀は窮地に陥るが、明智四天王らの活躍により、最後に秀吉を打ち破ることに成功する。羽柴軍を敗走させた光秀は、天下人となるべく新たな一歩を踏み出そうとするが、そんな折、安土城が炎上するという大事が発生した。安土の天主が炎上したのは火付けが原因であることが発覚し、光秀は下手人捜しに奔走するが、その裏には恐るべき陰謀が隠されていた。羽柴秀吉と徳川家康が秘かに同盟を結び、明智光秀をこの世から葬り去ろうと動き出す。さらには前田利家と佐々成政も不気味な蠢動を開始した。果たして光秀は、この最大の難関を乗り切ることができるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください