真伝大坂の陣(3)

歴史群像新書

伊藤浩士

2010年12月31日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

真田幸村の策により琵琶湖の水が溢れだし、大和と近江は浸水。東西は完全に分断された。若狭から鯖街道を進んでいた松平忠直ら越前勢は真田幸村によって撃破され、桑名から伊賀へと迂回していた徳川義直ら尾張勢は長曾我部盛親によって倒された。さらに古田織部による経済封鎖により、四国・九州の大名たちは大坂への出兵を見合わせるようになるー。圧倒的不利と見られていた豊臣軍へ勝利が傾き始めていた。連敗を続ける徳川軍は、ついに豊臣軍との最終決戦を決断。天下の行方を決める大坂夏の陣がついに開戦!11万の徳川軍を相手に幸村最後の神算鬼謀が発動する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください