新武田戦記(3)

歴史群像新書

河丸裕次郎

2011年6月30日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

信勝率いる新生武田軍は徳川軍を粉砕、敵総大将の家康を自害に追い込んだ。しかしこの勝利により武田は、圧倒的な力を持つ織田との対決を避けられなくなった。徳川残党より報せを受けた信長は、自らが大軍を率いて武田征伐に乗り出す決定をくだす。その動きを読んだ武田方は織田の侵攻を阻むために、武田に籍を置く信長の五男・勝長を使い、美濃の岩村城を奪う計画を立てる。信長と勝長の親子対決、そして信長と信勝の壮絶な戦いが幕を開けた。信玄の遺志を継いだ若き英傑たちの活躍を描く、シリーズ最終巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください