天正血戦譜(上)

歴史群像新書

伊藤浩士

2011年6月30日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

小田原征伐のただなか、大和大納言・豊臣秀長は病に伏していた。主の病状に不信感を抱いた藤堂高虎は、密かに薬師を調べ毒を盛られていることをつきとめる。なんと、その首謀者は、兄である太閤・豊臣秀吉だったー朝鮮出兵に反対とはいえ、弟を毒殺しようとする秀吉と戦うべきだと高虎は秀長を説得。秀吉の追及を逃れるため病死を偽装し、同じく朝鮮出兵に反対する千利休を京都から救出。かくして高虎は、打倒秀吉の策略を練りはじめる。そして天正十九年三月。朝鮮出兵のために秀吉が大坂を離れたのを機に、秀長は織田秀信を擁立し、ここに太閤秀吉に反旗を翻したー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください