天正血戦譜(下)

歴史群像新書

伊藤浩士

2011年9月30日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

豊臣秀吉を倒した豊臣秀長・藤堂高虎の主従。天下を治めるための次なる敵は徳川家康。文禄二年。家康は「自衛のための出兵」と名目をつけ、五万の大軍で西進を始めた。いっぽう高虎は、半年の月日をかけて徳川勢の進路である伊賀上野城を補修。この地で、一気に勝負をつけるべく策を張り巡らしていた。しかし、合戦での勝利は得たものの家康は仕留めるまでにはいかず、徳川軍の西進は止まらなかった。高虎には次なる秘策があるのか、そしてすべてを高虎に任せた秀長の真の狙いとは?天下の行方を決める戦いがいま始まる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください