戦国風雲録(2)

歴史群像新書

百目鬼涼一郎

2011年10月31日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

大坂冬の陣で大御所・徳川家康が討死。-強力な後ろ盾を失った2代将軍・秀忠は、かねて凡愚、戦べたとの悪評もあり、豊臣方はもちろん徳川方からも侮られていた。そして慶長20年、将軍家にあって謀将の名をほしいままにしていた本多正信が、秀忠の甥・松平忠直、さらに実弟の義直、頼宣を唆し、反旗を翻す。また、奥州の雄・伊達政宗が、これまた秀忠の実弟で政宗の娘婿・松平忠輝を擁立し、徳川将軍家の本拠・江戸城へ進攻する。一方、豊臣方も、若き当主・秀頼の関白就任を画策、その上、秀吉恩顧の大名たちを糾合、再び天下に号令すべく着々とその地歩を固めていく。対する秀忠は、柳生宗矩や服部半蔵、新たな徳川四天王ともいうべき若者たち、それに名将・立花宗茂らとともにそれら「包囲網」と戦い、将軍としての覇道を歩もうとするのだった…。本格戦国シミュレーション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください