新直江戦記(下)

歴史群像新書

中村朋臣

2011年12月31日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

賎ヶ岳で羽柴軍を急襲し追い詰めるが、毛利軍の到来により退却を余儀なくされた上杉軍。秀吉との対立が続く中、家康が武田領の信濃を狙ってくる。家康の野望を砕くために、兼続は一時的に秀吉と和議を結ぶべく、泉沢久秀を安土に送る。一方、兼続と気脈を通じる石田三成は、光秀に謀叛をそそのかした秀吉の罪を被らされ、責任を取らされようとしていた。秀吉と家康、二人の難敵に兼続はどう挑むのか?そして三成の運命は?シリーズ堂々の完結作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください