神剣の守護者

智本光隆

2013年11月19日

学研パブリッシング

1,320円(税込)

小説・エッセイ

神器「草薙剣」の守護者となることが、楠木家の使命となって百余年。伊勢に侵攻してくる織田軍を視察するため津島にいた若き楠木の当主・正具は、猿顔の奇妙な男の命を救った。織田との戦がもはや避けられないところまで来たある日、正具の前に織田家の使者がやってくる。その使者の名は中村藤吉郎。以前に命を救ったあの猿顔の男だった。藤吉郎の使命は「神剣とともに楠木正具を岐阜へ連れて来ること」。第六天魔王を名乗る織田信長とは、天下を託せる人間なのか?正具はそれを見極めるべく「草薙剣」とともに信長のもとへと向かったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください