中国完全包囲作戦

歴史群像新書

高貫布士

2014年6月24日

学研パブリッシング

1,078円(税込)

小説・エッセイ / 新書

中国首脳部は、尖閣沖に続いてトンキン湾でも日本の海上国防軍に屈したため、海洋制覇をいったん中断し、紅軍の主力である陸軍の意向に沿って、戦略目標をロシアの沿海州とシベリア方面に変更した。そして、これに先立って、韓国と北朝鮮を統一させたうえで併合し、その戦力をもって沿海州に侵攻させる。一方、ロシアのプーチン大統領は、露朝国境付近に展開している兵力が最大時の半分以下に激減しているために、ウラジオストックの防衛は困難と判断し、日米両軍に出動を要請する。ウラジオストックをめぐる攻防の行方はいかに!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください