蝙蝠の剣

剣鬼松林蝙也斎

学研M文庫

峰隆一郎

2001年8月31日

学研プラス

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

慶長十五年、関ヶ原の合戦から十年が過ぎていた。この年、身寄りのない左馬は、武者修業の旅に出る。信濃から中山道を経て、江戸に辿り着いた左馬は、町奉行に雇われて牢人斬りとなる。斬ったあとの胸のつかえを晴らしてくれるのは女の肌だけだった。のちに、三代将軍・家光に秘術「足譚」を披露し、「身の軽きこと蝙蝠の如し」と讃えられた、異彩を放つ剣豪のすさまじい生涯を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください