黄金の忍者(2)

学研M文庫

沢田黒蔵

2002年7月31日

学研プラス

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天正十年六月ー。究極の戦士、“黄金の忍者”の奥義に触れた伊賀の若者、江ノ市之丞は、本能寺の変に関わる家康と光秀の密約を知る。そしてその情報を手みやげに、羽柴秀吉に自らを売りこむ。一方、伊賀最強の剣士、鳶尾左近は、服部半蔵らとの一戦で重傷を負い、正体不明の忍者たちによって拉致される。次々と明らかになる忍者軍団の恐るべき野望。市之丞と左近はどう戦うのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください