恋の橋、桜の闇

ふろしき同心御用帳

学研M文庫

井川香四郎

2005年5月31日

学研プラス

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

下城途中の老中・越智但馬守が何者かに襲われた。緊縮政策を推し進める水野忠邦に不満を抱く、脱藩藩士か浪人たちの仕業と思われた。水戸藩にゆかりのある町道場「有志館」が怪しいと睨んだ、南町奉行所の筆頭同心・近藤信吾は単身、道場へ乗りこんでいくが…。奉行所へ出仕するのが大嫌いで、大法螺吹きの“ふろしき同心”の軽妙な人情裁きが冴え渡る!書き下ろし時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください