冬花火

本所竪川河岸瓦版

学研M文庫

千野隆司

2005年6月30日

学研プラス

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

三河以来の直参・横田家は家禄九千五百石で旗本の筆頭。家督を継いだ真行は遠縁からの養子で、江戸城を警護する御鉄砲百人組の頭だ。真行が部屋住みの貧しい頃から好き合ったお鶴は、本所の瓦版屋『花房』の女主人で、四歳になる娘お糸と暮らしている。真行とお鶴らは江戸市中を騒がす大店襲撃、辻斬り、誘拐事件を解決すべく、心血を注ぐ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください