仇討ちて候

深川素浪人生業帖

学研M文庫

牧秀彦

2007年1月31日

学研プラス

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

寛政七年一月、越後村松藩の江戸詰・石神重兵衛とその嫡子清人が暗殺された。この悲報を知った次男の石神武人は、御家存続と父兄の仇を討つべく江戸へと向かう。剣の達人だった父と兄を斬り捨てた男が、未曾有の手練であることは間違いない。仇敵を追い求めながらも為す術を持たぬ武人は、深川で偶然にも二人の男と出会う。それは、稀代の剣豪にして素浪人・大垣一平と凄腕の渡世人・辰次であった。やがて三人は強い絆で結ばれ、武人の運命は大きく流転していく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください