遠い雷鳴

隠居与力吟味帖

学研M文庫

牧秀彦

2010年9月30日

学研パブリッシング

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天保十三年、南町奉行となった鳥居耀蔵は天保の改革を強化し、江戸の人々を締めつけていた。そんな中、鳥居が何者かによって砲撃され、命を狙われる。不本意にもその警護を命じられた北町奉行定廻同心の高田俊平は、鬼仏と異名を取った隠居与力の宇野幸内と共に、事件の真相に迫っていく。しかし、その次に狙われたのは罪のない市井の人々だった。謎が謎を呼ぶ中、幸内の推理が冴え渡る。砲撃事件の裏には、蘭学者達の凄まじい陰謀と、そして悲哀が隠されていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください