冬の風鈴

日暮し同心始末帖

学研M文庫

辻堂魁

2010年11月30日

学研パブリッシング

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

佃島の海に男の撲殺死体が浮かんだ。旗本から八丁堀同心の家へ婿入りし、北町の平同心を世襲した日暮龍平が掛となり、男の身元を探索した。結果、骸は石川島の人足寄場から出たばかりの無宿人鉢助だった。だが、調べを続けると鉢助は三年前に死んでおり、火盗改めの手先に追われる強盗犯が鉢助に成りすましていたものと判明。寄場を隠れ蓑にした男の出所を狙い手に掛けた裏には、三年前の殺しの一件が横たわっていた…。好評シリーズ第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください