烈日の機動部隊(上)

小沢治三郎風雲録

学研M文庫

田中光二

2012年5月31日

学研パブリッシング

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1941年12月8日、日本海軍は真珠湾を奇襲。すかさず第二次、第三次攻撃を加えてオアフを無力化し、不在の米空母探索も開始した。この史上最強の空母機動部隊を率いるのは、能力主義によって抜擢された小沢治三郎中将。「零戦」の後続機「烈風」が計画通りに実戦配備され、潜水艦による通商破壊戦が遂行され、最後の連合艦隊司令長官・小沢が開戦当初から全力を発揮できる環境にあったならばー。太平洋戦争の展開は、こうも変わっていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください