月夜の椿事

宵待ち同心三九郎

学研M文庫

芦川淳一

2012年11月30日

学研パブリッシング

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

宵待ち同心と陰口を叩かれる、酒好きな南町奉行所定町廻り同心・刈葉三九郎。馴染みの居酒屋で呑んでいたところ、お葉と名乗る女が助けを求めてきた。怪しい浪人に付け回され難儀しているという。その話を聞き、様子を見に店を出た三九郎を凶刃が襲ってきた。紙一重で刃を躱し男を捕らえると、お葉に纏いつく卑劣な同心を成敗するのだと息巻く。男を操るお葉の目的はなんなのか。さらに浪人は、女の意外な仲間のことを語り始めたが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください