猪鍋の夜

岡っ引ヌウと新米同心3

学研M文庫

喜安幸夫

2012年12月13日

学研パブリッシング

701円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

頻発する武家地での賭場荒しに、旗本屋敷の中間が関わっていると目をつけたヌウ。八丁堀の新米同心・清次郎の差配で中間の捕縛に成功するが、捕らえたそばから目付支配の者に連れて行かれてしまう。翌日、ここ半年ほど廃寺に住みついていた狸のような坊主が消えた。賭場荒しとの関連を疑うヌウに、なんと目付から狸顔の男を探せとの達しが…。さらに意外な女がヌウの赤紫の帯に興味を示す。人気シリーズ第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください