失われた日本古代皇帝の謎

学研M文庫

斎藤忠

2008年3月31日

学研プラス

743円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

通説は語る、「日出る処の天子は聖徳太子である」と。だが、“彼”は本当に“大和朝廷”のリーダーだったのか?中国史書と日本史書、食い違う両書を綿密に解読するとー倭国と〓(たい)国、上宮法皇と厩戸王、太宰府と飛鳥、中大兄と天智…錯綜する二つの国家、二つの王統、そして「天皇」とは別に君臨した「皇帝」が浮かび上がってくる。「記紀」成立以前の古代日本列島の覇王をめぐる、ヤマト王権と九州王朝の対立と融合の全貌が今、初めて明かされる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください