時間の不思議

タイムマシンからホーキングまで ムムッ、虚時間?

ブルーバックス

都筑卓司

1991年6月30日

講談社

968円(税込)

科学・技術 / 新書

相対論の第一人者キップ・ソーンによると、宇宙の虫食い穴を使えば未来へ行くことができるかも知れない、という。本当だろうか?また“車椅子の天才”スティーブン・ホーキングの理論では、宇宙の初めは“虚時間”だったという。虚時間って、何なのだ?いったい、なぜ、そんな時間を考えるのか?本書は、時間をめぐる七つのナゾをとりあげ、平易明解な説明を与える。物理ファン待望の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください