現代倫理学入門

講談社学術文庫

加藤 尚武

1997年2月10日

講談社

1,067円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

本書の狙いは、昔の話をすることではない。現代世界の倫理構造を明らかにして、21世紀の文化の骨格を示すこと、21世紀で有効となるような倫理学の輪郭を描き出すことである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.88

読みたい

3

未読

8

読書中

3

既読

21

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

こたえはない

starstarstarstar 4.0 2019年12月17日

正義とは? 時代で変わるもの? 幸福とは? 誰にも迷惑をかけなければ何をしてもいいか? カント、ベンサム、ミル、バーナード・ショー……大昔から考えられてきて、未だに答えはない。 技術が発展して、昔にはなかった問題まで出てきた。 クローン、原子力、安楽死。 人間らしく生きるってどういう意味だろうか。 私には人を殺してはいけない意味がわからない。感覚ではいけないとはわかるけどね。 自分がされて嫌なことはしてはいけない。自分がしてほしいことをするべきだ。 本当?バーナード・ショーの主張がしっくりきたんだけど、考えを放棄してるか(笑)

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください