アインシュタインの不在証明

長編本格推理

講談社ノベルス

吉村達也

1996年12月31日

講談社

832円(税込)

小説・エッセイ / 新書

駿河湾に浮かぶ小島のホテルで、『ミステリー大賞』の最終選考会がはじまった。ところが候補作のひとつ『アインシュタインの不在証明』は、過去の迷宮入り事件がモデルで、捜査陣しか知り得ない秘密も描かれていた。そして同時刻、小説そっくりの殺人が都内で発生。不在証明を逆用した魔術に軽井沢純子が挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください