蜃気楼

長編本格推理

講談社ノベルス

内田康夫

1998年6月30日

講談社

869円(税込)

小説・エッセイ / 新書

越中富山の薬売りの死体が舞鶴で発見された。現役最年長者として取材しようとした矢先の凶事に浅見光彦の心は騒ぐ。東京での思わぬ接点、孫娘との「蜃気楼の丘」での出会い。天意ともいうべき因縁に衝き動かされて奔走する浅見の前で、第二第三の惨劇が。荘厳な余韻が深い感動をよぶ文芸ミステリー第四弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください