邪魅の雫

講談社ノベルス

京極夏彦

2006年9月30日

講談社

1,760円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「-自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する!「邪なことをするとー死ぬよ」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

4

未読

9

読書中

0

既読

50

未指定

124

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

名言

starstarstarstarstar 5.0 2019年04月07日

「この世に不思議なことなど何もないのだよ、関口君」

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください