τになるまで待って

清新なる論理、森ミステリィ

講談社ノベルス

森博嗣

2005年9月30日

講談社

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

森林の中に佇立する“伽羅離館”。“超能力者”神居静哉の別荘であるこの洋館を、7名の人物が訪れた。雷鳴、閉ざされた扉、つながらない電話、晩餐の後に起きる密室殺人。被害者が殺される直前に聴いていたラジオドラマは『τになるまで待って』。“ミステリー”に森ミステリィが挑む、絶好調Gシリーズ第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.56

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

63

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください