ニンギョウがニンギョウ

講談社ノベルス

西尾 維新

2005年9月7日

講談社

1,650円(税込)

小説・エッセイ / 新書

映画を見に行くことになったのは妹が死んでしまったからだ。私は平素より視覚情報に関しては淡白を貫く主義なので、映画を見るのは実に五年振りのこととなり、妹が死んだのも、矢張り五年振りだった。回数を勘定すれば、共にこれが四回目である。映画を見るのは妹が死んだときだけと決めているのではなく、逆であり、妹が死んだからこそ、映画を見るのだ。そうはいってもしかしこうしょっちゅう死なれては私としても敵わない。日頃大きな口を叩いている友人達に合わせる顔がないというものだ。私には合計で二十三人の妹があるけれど、死ぬのはいつも、十七番目の妹だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

1

既読

21

未指定

21

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

西尾維新「ニンギョウがニンギョウ」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください