零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係

講談社ノベルス

西尾 維新 /

2010年3月31日

講談社

1,144円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「零崎一賊」-それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。兄妹になったばかりの零崎人識と無桐伊織は人類最強の請負人・哀川潤を勝算を持って襲撃する。しかし結果二人は彼女の『仕事』に巻き込まれる羽目に!向かう場所は“殺し名”序列二位、闇口衆の拠点・大厄島、向かう敵は生涯無敗の結晶皇帝、六何我樹丸!新青春エンタの最前線がここにある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.3

読みたい

2

未読

5

読書中

0

既読

48

未指定

57

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください