零崎人識の人間関係 零崎双識との関係

講談社ノベルス

西尾 維新 /

2010年3月25日

講談社

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「零崎一賊」-それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。零崎人識、17歳、もっとも自由だった全盛期の春。“殺し名”七名の対極に位置する“呪い名”六名ー時宮病院、罪口商会、拭森動物園、死吹製作所、奇野師団、咎凪党ーの寄せ集め、裏切同盟と兄・零崎双識との戦闘に、しかし彼は否応なく巻き込まれー新青春エンタの最前線がここにある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

7

読書中

2

既読

62

未指定

78

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください