ジグβは神ですか

惹かれ合う森ミステリィ

講談社ノベルス

森博嗣

2012年11月30日

講談社

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 新書

芸術家たちが自給自足の生活を営む宗教施設・美之里。夏休みを利用しそこを訪れた加部谷恵美たちは、調査のため足を運んでいた旧知の探偵と再会を果たす。そんななか、芸術家の一人が全裸で棺に入れられ、ラッピングを施された状態で殺されているのが発見される。見え隠れするギリシャ文字「β」と、あの天才博士の影。萌絵が、紅子が、椙田が、時間を超えて交叉するー。ついに姿を現した天才博士。Gシリーズ最大の衝撃。惹かれ合う森ミステリィ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.84

読みたい

1

未読

3

読書中

1

既読

94

未指定

62

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

みずたま

(無題)

starstarstarstar 4.0 2023年08月15日

重要そうな情報がちらほら。例えば今回の水野さんの仕事は鷹知からの紹介。水野は50代、老眼鏡を使う年。紅子と水野25年以上ぶりの再会。ちょっとヨソヨソしい。紫子さんや練無だったらこんなじゃないと思う。そしてすっかり忘れてたけど睦子叔母様と紅子さんの初顔合わせ。何だかそこだけ上品なリボンにサテンの生地を通した空間になりそう。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0

フィナーレに向かって出発!と言うところでしょうか?? 色んな人物がつながり、少しずつ解けていくのか(自分がどこまで理解できるかが問題やけど…) 少し大人になってるみんなに会えてうれしい1冊でした。 Fから読みなおしてみようと計画中。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください