ゾルゲの遺言

講談社文庫

伴野朗

1986年9月30日

講談社

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ソ連の対日スパイの大物リヒアルト・ゾルゲが、巣鴨拘置所の看守小柴に渡した手紙は、単なるメッセージではなかった!その手紙をめぐって展開される謀略と殺人の構図は、第二次大戦前夜の緊張を一層高め、東京を各国スパイの暗躍の舞台にしたのだった。動乱のなかの人間絵図をドラマチックに描いた、歴史推理の秀作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください