太平天国(4)

講談社文庫

陳舜臣

1988年12月1日

講談社

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

太平天国上層部の腐敗は進み、激しい内訌の末、東王、北王が粛正され、精強を誇った大軍も弱体化した。新興貿易港上海に生じた英仏連合軍を抱えた政府軍は猛反撃に転じ、天王洪秀全は死を選んで天京は陥落した。理想を掲げながら権力への野望に滅んだ、太平天国の光芒を描く、傑作歴史長編完結。(全4巻)

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください