源頼朝(2)

山岡荘八歴史文庫 山岡荘八歴史文庫 2

山岡 荘八

1987年7月1日

講談社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

池禅尼(平清盛の義母)の涙の嘆願で頼朝は命を救われた。伊豆へ流された頼朝は仏道三昧の日々に身をやつして再起の時を待つ。だが平家の権勢は衰えを知らず、苦渋にみちた十数年の歳月が流れる。彼の無聊の青春を救ったのは、伊東祐親の姫との恋、それに破れて頼った北条時政の娘政子との結婚であった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.7

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

12

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください