徳川家康(4)

山岡荘八歴史文庫 山岡荘八歴史文庫 26

山岡 荘八

1987年11月30日

講談社

850円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

今川義元の死は元康の運命を大きく変えた。敗戦にまぎれ岡崎へ帰城、独立の第一歩がいま踏み出されたのだ。信長との同盟もなり、徳川家康と改名、今川の旧領を掌握して勢力を拡げたが、それは妻瀬名姫のはげしい反感と憎悪を買った。矛盾を内にはらんだまま、家康の東海制覇は着々とすすんでいく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.83

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

16

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください