万延元年のフットボール

講談社文芸文庫

大江 健三郎 / 加藤 典洋

1988年4月1日

講談社

1,815円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

友人の死に導かれ夜明けの穴にうずくまる僕。地獄を所有し、安保闘争で傷ついた鷹四。障害児を出産した菜採子。苦渋に満たち登場人物たちが、四国の谷間の村をさして軽快に出発した。万延元年の村の一揆をなぞるように、神話の森に暴動が起る。幕末から現代につなぐ民衆の心をみごとに形象化し、戦後世代の切実な体験と希求を結実させた画期的長編。谷崎賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.23

読みたい

9

未読

7

読書中

0

既読

24

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください